神戸市 垂水区 内科・消化器内科・糖尿病内科 仁木内科医院 消化器内視鏡 糖尿病

当院からのお知らせ

インフルエンザ

2016/11/14(月)
当院では鼻汁検査で診断し、イナビルまたはタミフルを処方しています。
イナビルは吸入薬で、1回で治療が終了します。一方、タミフルは内服薬で5日間服用しなければなりません。短期間で解熱しても、必ず5日間服用してください。
イナビルは1回吸入するだけですが、タミフルよりも速く効くわけではありません。いずれにせよ5日間はウイルスを排出しますので、他人との接触をひかえてください。
急な発熱に驚いてすぐに来院される方が増えていますが、インフルエンザの検査は発病してから12時間以上経過しなければ陽性になりません。ですから発熱してから半日以内の方には解熱剤と抗生物質で様子をみていただいて、解熱しなければ翌日に検査を受けていただきます。
それなら今日も明日も検査してくれよと言う方がおられますが、保険診療では1回しか検査が認められていません。数日以内に2回以上の検査を実施する場合には、全額自己負担となります。
前ページへ戻る
このページのトップへ